NPO法人黒潮実感センター
コーナーをお選びください⇒
センターの紹介 里海FAN募集 お知らせ アクセス 柏島MAP モイカ(アオリイカ)のオーナープロジェクト 体験プログラム エコツアー 柏島で海ごはん  新聞記事いろいろ Links ブログ 会員コーナー 四国1周海遍路ブログ 反田のトンボ池情報 TOP 旧ホームページ お問い合わせ先メールアドレス
お知らせ
このコーナーの
新着トピック
雑誌「地域人」で紹介されました。20180328up 20180503 初夏の里海を味わうツアー柏島2018募集中です! 2018.05.25〜27 ASOBO JAPAN 参加者募集中! 応募期間3/30まで期間限定 2018.1.21 第8回土佐のおさかな祭り開催 トークショーやります。 2017.12.15 生物多様性日本アワード受賞団体ドキュメンタリー世界配信 2017.11.15 全国のイオン店舗で生物多様性日本アワードの紹介がされています 2017.9.26 生物多様性日本アワードグランプリを受賞しました。 2017.9.26 第5回生物多様性日本アワードにて優秀賞を受賞しました! 170509 初代理事長立川涼先生ご逝去 平成28年度自然体験活動上級指導者養成講座開催のご案内 20170111up
放射性廃棄物に関する講演会無事終了(2009.02.11UP)
みなさん
 2/7の放射性廃棄物に関する講演会は、町内外から220名の方々が参加してくださり、無事盛会のもと終了しました。
うち、100名ほどの方が大月町民の方でした。
220名もの参加者が講演を熱心に聞かれていました
220名もの参加者が講演を熱心に聞かれていました

 講演内容は講師の小出先生が非常にわかりやすく核の恐ろしさを解説してくださったので、皆さん良く理解できたと思います。
ただ、大事なことはいかにして原子力からクリーンエネルギーに転換するかと言うことだと思います。高レベル核廃棄物が無毒化されるのには100万年、低レベル核廃棄物でも300年もかかるということは、次代を担う子や孫、子孫に自分たちの付けを丸投げしているようなものです。
 私も本講演会の協賛団体として発言しましたが、高知県は年間日照時間が2034時間と全国一です。この特性を生かして環境立県として太陽光発電の充実や大月町で言えば風力を生かすにはもってこいの立地です。ライフスタイルの見直しと持続可能なエネルギーへの切り替えが必要だとお話ししました。現にドイツなどは核からの脱却を図っています。
小出先生の講演
小出先生の講演


 今回、講演会直前の2/3の大月町臨時議会発表で「放射性廃棄物処理施設誘致に関する陳情を全員一致で否決」というニュースがながれたこともあり、町民の関心が一気に薄れてしいました。しかし、この内容は12月議会にあげられた陳情が否決されたのであって、今後一切の核廃棄物処理場の誘致を認めないというものではありません。 私たちが安心して暮らせるためには、今後一切核廃棄物を大月町に持ち込ませないという町条例を制定する必要があります。
皆さん今後もこの動きに常に関心を持ち続けてください。
高レベル核廃棄物処理施設誘致でもめた東洋町長も参加してくれました
高レベル核廃棄物処理施設誘致でもめた東洋町長も参加してくれました




投稿: Kanda /2009年 02月 11日 15時 38分

NPO法人黒潮実感センター