NPO法人黒潮実感センター
コーナーをお選びください⇒
センターの紹介 里海FAN募集 お知らせ アクセス 柏島MAP モイカ(アオリイカ)のオーナープロジェクト 体験プログラム エコツアー 柏島で海ごはん  新聞記事いろいろ Links ブログ 会員コーナー 四国1周海遍路ブログ 反田のトンボ池情報 TOP 旧ホームページ お問い合わせ先メールアドレス
お知らせ
このコーナーの
新着トピック
2018.1.21 第8回土佐のおさかな祭り開催 トークショーやります。 2017.12.15 生物多様性日本アワード受賞団体ドキュメンタリー世界配信 2017.11.15 全国のイオン店舗で生物多様性日本アワードの紹介がされています 2017.9.26 生物多様性日本アワードグランプリを受賞しました。 2017.9.26 第5回生物多様性日本アワードにて優秀賞を受賞しました! 170509 初代理事長立川涼先生ご逝去 平成28年度自然体験活動上級指導者養成講座開催のご案内 20170111up 2017年度 研修生募集 2016.12.18up 「イラッとするニッポンの森林モンダイ」フォーラムのお知らせ2016.12.16開催 「平成28年度 海洋観光に関するワークショップ〜まだ見ぬ海を親子でみつけよう!〜」の開催!
2009年10月28日沖の島で環境学習RKC高知放送で紹介091028up
RKC高知放送の高知eye
10月28日 午後6:16〜
高知県内で視聴できる方は是非ご覧下さい。

10/27に沖の島小中学校で、今年の4月に沖の島で行ったアオリイカの人工産卵床設置事業の報告会を環境学習の一環として開きました。
地元の漁業者やダイビング関係者、その他色んな方約30名が来て下さり、子ども達と一緒に設置した産卵床がその後どうなったかを報告しました。
環境学習では森川海のつながり実感〜海の中の森づくり〜と題して、約1時間、パワーポイントを使ったプレゼンと撮影した水中映像をもとにお話しをしました。
今回の産卵床設置事業は大成功で、約30本ほど入れた産卵床には多いもので10000房の卵嚢(卵の房:一房に7-9個の卵が入っている)が産み込まれ、平均すると5000〜6000房ほどにもなりました。
今後は沖の島の地元の方が中心となって継続していって貰いたいです。
子ども達が作ったイカへのメッセージプレート
子ども達が作ったイカへのメッセージプレート

沖の島小学校の先生作
沖の島小学校の先生作

産卵床を入れた海底にはグルクンの群れも
産卵床を入れた海底にはグルクンの群れも

産卵床を設置するダイバー
産卵床を設置するダイバー

次々と産卵に集まるアオリイカ
次々と産卵に集まるアオリイカ

沖の島らしく産卵床のそばにはキンギョハナダイの群れが
沖の島らしく産卵床のそばにはキンギョハナダイの群れが

鈴なりに産み付けられたアオリイカの卵嚢
鈴なりに産み付けられたアオリイカの卵嚢


更新: Kanda /2009年 10月 28日 17時 39分

NPO法人黒潮実感センター