NPO法人黒潮実感センター
コーナーをお選びください⇒
センターの紹介 里海FAN募集 お知らせ アクセス 柏島MAP モイカ(アオリイカ)のオーナープロジェクト 体験プログラム エコツアー 柏島で海ごはん  新聞記事いろいろ Links ブログ 会員コーナー 四国1周海遍路ブログ 反田のトンボ池情報 TOP 旧ホームページ お問い合わせ先メールアドレス
お知らせ
このコーナーの
新着トピック
2018.1.21 第8回土佐のおさかな祭り開催 トークショーやります。 2017.12.15 生物多様性日本アワード受賞団体ドキュメンタリー世界配信 2017.11.15 全国のイオン店舗で生物多様性日本アワードの紹介がされています 2017.9.26 生物多様性日本アワードグランプリを受賞しました。 2017.9.26 第5回生物多様性日本アワードにて優秀賞を受賞しました! 170509 初代理事長立川涼先生ご逝去 平成28年度自然体験活動上級指導者養成講座開催のご案内 20170111up 2017年度 研修生募集 2016.12.18up 「イラッとするニッポンの森林モンダイ」フォーラムのお知らせ2016.12.16開催 「平成28年度 海洋観光に関するワークショップ〜まだ見ぬ海を親子でみつけよう!〜」の開催!
第一弾4月5日〆切 モイカ(アオリイカ)の里親大募集!130319UP
人工産卵床で産卵するモイカ
人工産卵床で産卵するモイカ

メッセージプレートの周りに生み付けられたモイカの卵
メッセージプレートの周りに生み付けられたモイカの卵

このたび新しい取り組みとして、モイカ(アオリイカ)の里親制度を立ち上げました。
これまでモイカの人工産卵床設置事業を2001年から12年間続け参りました。
もとはダイバーが潜るからモイカが取れなくなったという漁業者の声に、漁業者のとダイバーが協力してモイカを増やそうと言うことで、人工産卵床を海底に設置する活動が始まりました。
その後地元の子ども達の環境教育の一環として位置づけ、森川海のつながりを実感するために森林組合の方々にも協力して頂き、不要になった間伐材の枝葉を用いてモイカの人工産卵床を作り海底に設置してきました。
ここ数年はさらに、モイカが卵を産む藻場の再生にも取り組んでおり、この活動は大月町の近隣市町村(宿毛市、四万十市、三原村、土佐清水市)に広がり、宿毛湾を中心に幡多広域の活動に発展してきました。

今年もこの活動は続けますが、今年新たな取り組みを始めます。
これまでは地元の課題解決として地元ベースで行ってきましたが、これをひろく市民の方々にも参画してもらおうと一般募集形式「モイカ(アオリイカ)の里親制度」を立ち上げました。

内容としては産卵床を1本10,000円で購入してもらい、それをこれまでのようにダイバーが設置しモイカを増やします。
増やしたモイカを地元漁業者が釣り、それを購入して皆さんにお送りします。
お送りするモイカは1kg相当(浜値で2000~2500円)のものをお送りします。
その際に産卵状況がわかる水中写真も里親の皆さんにお送りいたします。

里親は10,000円で柏島の海にモイカを増やす活動支援ができ、美味しいモイカが送られてきます。
地元の海ではその産卵床のお陰でモイカが増え、漁獲が上がる。
そのイカを釣ったお金が地元の漁民に落ちる。
活動主体である私たちも活動資金が手に入ることで、持続的にこの事業を行うことができるといったものです。
「三方よし」の取り組みとして今後定着していきたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。
なお、里親のお申込期日は第一弾は4月5日(金)までとさせて頂きます。

お問い合わせはNPO法人黒潮実感センター電話0880-62-8022、fax:0880-62-8023、mail: kuroshio@divers.ne.jpまでお願いします。
下記PDFファイルに詳細のイメージ図も載せてありますので是非ご覧下さい。
モイカの里親募集イメージモイカの里親募集イメージ
130316MOIKASATOOYA.pdf

更新: Kanda /2013年 04月 02日 09時 42分

NPO法人黒潮実感センター